ルミガンを使用する際に私が気をつけたこと

 

まつ毛の短さに以前から悩んでおり、ルミガンがまつ毛育毛に効果があると耳にしたことからルミガンを使用することに決めました。

 

しかし敏感肌でアトピー持ちでもある私は、刺激の強い化粧品を使うとすぐにかぶれてしまいます。 特にまぶたは皮膚が薄くかぶれやすい場所。なので化粧品ではなく医薬品のルミガンを選んだのです。

 

使用する前にルミガンの副作用について時間をかけて調べました。まぶたがかぶれてしまうとまつ毛の生え際の状態も悪化し余計に抜けやすくなってしまうため、まぶたがかぶれることだけは避けたかったのです。

 

ルミガンの副作用として一番起こりやすいことは色素沈着のようです。あくまで眼圧を下げる点眼薬であるため、目に垂らすものであり皮膚に塗るものではありません。 なので色素沈着してしまうのはある程度仕方ないでしょう。

 

万が一色素沈着をした時には使用を中断すれば治っていくそうなので、色素沈着していないか毎日よく確認しながら使用を続けました。

 

他に報告のあった副作用は目のかすみや充血などです。私の場合充血は特にありませんでしたが、ルミガンを塗りすぎて目の中に液体が入ってしまった時にはしばらく目が曇った感じになりました。 そのためそれ以来あまり抜きすぎないように気をつけています。

 

他にも目が痩せてしまうという副作用もあるそうです。口コミを確認すると数名ですがまぶたが痩せたという書き込みをしている方がいらっしゃいました。 私の場合まぶたの脂肪が厚いためまぶたが痩せるという心配はなさそうです。

 

大事なのは目の中になるべく液体が入らないように塗布するということですね。